ホーム » アート » END展を観る

END展を観る

人と情報のエコシステムを問うJSTのプロジェクト《hite》の研究成果が、書籍『RE-END 死から問うテクノロジーと社会』(BNN)に結実しました。本を編集した気鋭のキュレーター 塚田有那 さんは、刊行に合わせて展覧会「END展」のディレクションも務めるとのこと。週末に六本木まで観に行って参りました。

室内展示。巨大パネルは原画のタッチを活かしつつスタッフさんが克明に再現したとか…。一つの問いに対し、一つの漫画作品からエピソードを引き出し、作品への導入と全体テーマへの示唆を添える。この構成が秀逸の極みです ※撮影不可の展示コーナーもあります

テクノロジーの進歩は、これまで当たり前と思われていた慣習に変化を可能にしています。あるいは、変化が好ましくないものをも含む場合は「迫って」います。未来にお墓や葬式は必要なのか、はたまた「死後の再会」はあり得るのか?突き詰めれば「死」は「END」と同義ではなくなりつつある——その難しい界面が露見する昨今を切り取った好企画と感じました。

特に関心を引いたのは、サイバー空間に消せない痕跡が残る「デジタルタトゥー」あるいは、本人の死後も意に反して、個人データとAIなどを利用して後世に「復活させられる」問題ーー「デジタル死後労働(D.E.A.D.)」をどう扱うか、という点でした。これは法的な「権利」あるいは「(死の)ルール」をめぐる問題であり、土日の連続セッション《END BAR》でも掘り下げられました(アーカイブ視聴が可能です)。

東京・六本木での展示は2021年11月14日(日)まで。巡回は未定です。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。